FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

最近ShadowPauper(ブロンズ限定シャドバ)をやっています

お久しぶりです
最近は遊戯王もシャドバもおやすみシーズンなので、ShadowPauper略してシャドパことブロンズ限定シャドバをやってます。ShadowPauperという名前は今考えたので遊んでる時に使った時はありません。
元ネタはMTGのパウパーで、アンリミテッドでブロンズだけでデッキを組むというフォーマットです。

★環境の全体的な特徴
まともな大型がほとんどいないため、小型や中型を中心とした試合になります。
大型に強力と言える効果を持つものがほぼおらず、黒鉄の兵士(5/6)で最高クラスの大型と呼べるほどです。
したがって大型に対するガードが甘い傾向にあり、逆説的にKBSNがかなり強かったりします。
また、全体除去に乏しいです。エンハンス激情の悪魔が最高クラス。なので横展開が強いです。
この辺は2pickっぽい環境と言えるでしょう。

★各クラスごとの特徴

エルフ
20180908154922521.png
対空射撃や森荒らしといった軽量除去が豊富ですが、フィニッシャーがおらずアグロ向けなカードが多いため基本的に横に並べながらアグロすることになるでしょう。
それより何より後述の森の音楽隊が協力で、決まれば勝ちクラス。一種のコンボデッキと言えるでしょう。
エルフの1コストの種類が非常に豊富であること、軽い潜伏のマイコニド、1枚で3枚ぶんになるローアインなどによって発動条件を満たすのは思った以上にかなり簡単です。
スターリーがブロンズなのも追い風。
茨が無いため盤面を取りづらく、決定力のあるカードをしっかり引けないとジリ貧になって終わるのでちゃんと引くもの引けないと勝てないクラスと言えるでしょう。


・ロイヤル
20180908162230fb2.png

充実した1コスフォロワーを持ち、マスタークノイチという強力なフィニッシャーを擁し、そして何より構築やピックより圧倒的に対処しづらい旅ガエルが非常な強力なクラスです。
カエル取れるよく使われるのが愚神礼賛くらいのものですし、ランダム除去や全体除去自体少ないため潜伏ビートの安定感が凄いです。
速度でいうと全クラスで1番、アンリミのアグロロイヤルと対して変わらない使用感でガンガン攻めていけます。
デッキパワーはかなりのものですが、構築のアグロロイヤル同様メタられると弱いのが難点です。大きい守護を突破する手段が死の舞踏程度のもので、天剣の乙女を進化置きされるだけで止まってしまいます。


ウィッチ
20180908162231196.png

優秀なフォロワー、豊富な除去、強力なフィニッシャーと全て揃っているクラスです。天輪のゴーレムがブロンズなのおかしいでしょ
オウル導きはあれど肝心のスペルブーストの注ぎ込み先に乏しいスペルウィッチは成立が難しく、土ウィッチを基盤としたミッドレンジとして組むことになります。
割とどのデッキに対しても満遍なく戦え、特にこれといったメタも無いというのも強みです。
ただ土ウィッチの宿命として、土の印カードを引かないとデッキパワーが大きく落ちるのが難点です。
また、後半は息切れしがちになるので、序盤中盤のうちにライフをできるだけ削っておかないとジリ貧になって死にます。逆にある程度削れているなら連鎖する雷で盤面無視してフィニッシュ出来るので前のめりにいきましょう。


ドラゴン
201809081622326ba.png

大型があまり強くなく(1番強い大型フォロワーが炎氷竜)、スペルブーストするほどの価値もないため、フェイスドラゴンとして組むことになります。
フェイスとはいっても序盤はライフを取る速度はあまりなく、テンポを取りながら戦うことになります。
アイボリー、サモナーなどテンポを損なわないドローカードが非常に豊富であり、それにより横に広げながら粘り強く戦えることが強みと言えます。安定感もバツグンです。
必殺や除去も多いためある程度は守護にも耐性があります。
覚醒状態なら強いカードが多くなるため序盤はあまり強くなく、序盤のうちに盤面制圧され切ったりライフをつめ切られたりすると辛いです。
また、構える前に殺しきれるロイヤル等と違って相手の試合に付き合いながら攻めるため自分よりどっしり構えて戦うデッキもあまり得意ではありません。


ネクロマンサー
2018091019481535c.png


粘り強さが魅力のクラス。
執拗な除去と横展開によって相手を疲弊させて盤面をコントロールしつつ攻めていきます。
全マナ域にコストパフォーマンスの高いカードが結構揃っており、ヒキムラに左右される要素も少ないため安定して戦えます。
特に漆黒の剣鬼は環境で最強の守護と言えるでしょう。ピックでお馴染みのエンハンス霊魂再生も出来ます。
あとこれは個人的な話なんですが1番使ってて楽しいです。カードゲームしてる感がすごい。
苦手な相手は倒せないフィニッシャーがいるデッキです。即ちネメシス。一応対抗手段はありますが、何体も出される可能性もあります。安定感ではこちらに分があるので事故を狙いながら戦いましょう。


ヴァンパイア
201809101948160e8.png

何気に貴重かもしれない、アグロとコントロールのどちらもちゃんとしたものが組めるクラスです。
アグロは豊富な横展開カードと一裂き、コントロールは最強のAOEである激情の悪魔が強みです。
アグロヴァンプはロイヤルの劣化になりがちですが、試合がもつれ込んだ時に直接火力で勝負を決められるのは強みですし、疾走の数も多いです。
コントロールはネクロネメシスといった他のコントロールデッキと比べて全体的なカードパワーは一段落ちますが、エースの激情の悪魔は強く着地出来ればそれだけで勝てるほどの強力なカードです。
また、2コスフォロワーに強力なエンハンス持ちが多く、ミニゴブのバリューが高めなのも良いところです。


ビショップ
2018091019481789a.png

先攻でのぶん回りは全クラス最強と言えるレベルで、次々出てくる高スタッツで相手を押し潰す事ができます。1願い2虎3シスター4亀亀は犯罪ムーブ。
神聖なる願いや礼賛、星追いの精霊などドローソースも豊富で、1度ぶん回りだすとそのままの勢いで勝ちまで持っていけるクラスです。
ブロンズで唯一の消滅を擁するクラスであり、(それにより有利になるというほどではありませんが)プライムを処理出来ますしカストールにも強いです。
しかしアミュレット主体の宿命でぶん回りとそうでない時の差がなかなかに大きく、負けるときは何も出来ずに負けたりします。
じゃんけん力を身につけましょう。


ネメシス
20180910194819f3d.png

コントロールに強いコントロール的なポジションのデッキです。
登場以降2ピックでの最強の座を欲しいままにしただけのことはあり、実質2ピックなシャドパでも勿論強力。
消滅、変身が法典と破邪の光しか存在しないシャドパにおいて、プライムアーティファクトの支配力は言うまでもなく圧倒的です。
除去スペルも豊富ですしアーティファクトはコスパの鬼で、その辺投げつけまくってコントロールしながらプライムで制圧して勝つという形になります。
欠点はアーティファクトサーチが重い黒鉄の兵士や遅いアーティファクト招集しかないこと、先手後手で強さが結構変わることです。ビショとは逆に後攻の方が圧倒的に良いです。
また、序盤が結構弱いため高速アグロに弱いです。鉄盾を引きましょう。



・総括
最近始めたばかりのフォーマットなのでまだまだ研究は始まったばかりです。
まあ私の他にもやってる人はいそうですけど、とりあえず私周りでは私含めて2人しかやってません。
よかったらやってみて下さい。何か意見とかあったらくれると嬉しいです。ではまた
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

コト

Author:コト
@ddd_koto

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター・カウンター
ブロとも一覧

風嫁フリーダムX~ガガガクラーク研究ブログ

宮廷アリス

いつでも納涼

グォレンダァ!

遊戯王 大会優勝 デッキレシピ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。