FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アーティファイバーの記事 in福山cs

今日は福山csに出ました。

マーメ◯◯
ヒーロー×◯◯
彼岸◯◯
恐竜◯×◯
彼岸◯××

恐竜ヒーローシャドール◯×◯
彼岸×◯×

5-2のベスト8で終わりました。
最近は1落ちが続いてたのでとりあえず1落ちは乗り越えれてホッとしたのもつかの間、ベスト8で死んでしまってかなり悔しいです。
苦手なデッキばっかり踏んで、見てたはずのセフィラ踏んでないのが悲しいところですね。まあ苦手なデッキでも勝てればいいんですけどね(勝ててないですが)

2017121720251297c.jpg
20171217202510192.jpg

=================================
【アーティファイバー】
メインデッキ:43枚
EXデッキ :15枚
サイドデッキ:15枚
=================================

【モンスター】30
エフェクト・ヴェーラー ×2
グローアップ・バルブ ×1
ジェット・シンクロン ×1
スポーア ×1
D.D.クロウ ×1
増殖するG ×3
幽鬼うさぎ ×2
灰流うらら ×3
ローンファイア・ブロッサム ×1
幻影王 ハイド・ライド ×1
マスマティシャン ×2
終末の騎士 ×3
アーティファクト-デスサイズ ×3
アーティファクト-モラルタ ×1
BF-朧影のゴウフウ ×1
亡龍の戦慄-デストルドー ×2
カオス・ソルジャー -開闢の使者- ×2
【魔法】6
アーティファクト・ムーブメント ×3
増援 ×1
死者蘇生 ×1
おろかな埋葬 ×1
【罠】7
アーティファクトの神智 ×3
神の通告 ×2
リビングデッドの呼び声 ×2
【エクストラ】15
フォーミュラ・シンクロン ×1
水晶機巧-クオンダム ×1
TG ワンダー・マジシャン ×2
ブラック・ローズ・ドラゴン ×1
PSYフレームロード・Ζ ×1
PSYフレームロード・Ω ×1
水晶機巧-グリオンガンド ×1
白闘気双頭神龍 ×1
リンクリボー ×1
水晶機巧-ハリファイバー ×3
スリーバーストショット・ドラゴン ×1
ヴァレルロード・ドラゴン ×1

【サイドデッキ】 15
D.D.クロウ ×2
エフェクト・ヴェーラー ×1
幽鬼うさぎ ×1
ファイヤーソーサラー ×1
海亀壊獣ガメシエル ×2
ハーピィの羽根帚 ×1
神の宣告 ×1
タイフーン ×3
砂塵のバリア -ダスト・フォース- ×2
ライフ・ストリーム・ドラゴン ×1


環境が変わり、デッキの内容も結構変わりました。
レフティドライバーとライティドライバーとが強いため、初動の配分とかは今後変わると思います。

⭐️特筆すべき採用カード
基本的なことについては前書いた記事をご覧下さい

・初動
終末4マスマ2ロンファバルブジェットゴウフウで10枚です。前と同じですね。
ロンファは直前までバルブ2枚目だったのですが、こちらの方が融通効きやすいのとか相手に誘発の投げどころをミスらせれる効果があるのでこちらがいいと思いました。でもヒーローにバルブ除外された時は後悔しました。
他の初動候補としてはドラコネットがあり、これはシトリィを使いやすくなるので有用ですが、ギャラクシーサーペントがゴミなのであまりやりたくなくてやめました。
前述の通りライティレフティ来たので色々弄らないといけません。

・アーティファクト
今回はデスサイズ3モラルタ1。
モラルタがあまり効かない彼岸が増えたので、この配分にしました。
恐竜などに対してはモラルタ多い方がいいので良し悪しですが、まあデスサイズ刺さるデッキの方が多いので概ねいい感じです。

・誘発
なぜか緩和されたGは勿論3で、魔術師や彼岸に対してそんなに良くないもののGを止めれるのが偉すぎますしそれらに対しても打ち所が無いというわけでは決してないので相変わらずまるいうららも3。
うさぎヴェーラークロウはまるさを考えて2:2:1にしました。本当にまるさを求めるならこれらは罠にした方がまるくはあるのですが、セフィラの展開返せませんし植物ワンキルもいるので…

・ハイドライド
前期から続投ですが、前期と比べて相対的に弱くなっているので採用してない人が多いのにも納得です。
前期の、というかスパイラルに対してのハイドライドは、アーティファクトいない時にも立てておくと相手はジーニアス召喚から入る以外で綺麗に処理しきることができなかったのでなかなか強かったのですが、今期はそれしても下級に殴られてメイン2展開されるだけなので……
しかし、アーティファクト展開の時にΩを出せるのは拮抗の緩和や相手の妨害、ダメージレースの観点からとても大きく、そのために採用するくらいの価値はあると思って続投しました。
あとは、あんまりしませんが自分ターンにハリから持ってきてデストルとかと合わせてシンクロに使えるのは他にはない魅力ですね。
素引きしても対して困らないのでローリスクローリターンです。

・スポーア
誘発踏みこえるカードを増やしたくて色々考えた結果1番まるかったおろかな埋葬の欠点であるデッキリソース食い潰すという点を緩和したくて入れました。
おろまい関係なくデッキのリソースが増えるのは大きく、最序盤以外は素引きしても1枚で動けるので、入れてよかったです。
レベルが2になるので自分ターンにデストルと合わせてグリオンガンドを出しやすくなるというのもいいところです。

・スリーバーストショットドラゴン
どうしても対処したい置物が環境から減ったというのもあり、彼岸を見るためにニンギルスと入れ替える形で採用しました。
このデッキは攻勢に回っていても、グラバーガトルなどで永遠に耐えられて負けたりすることが割とあり、それを咎めることができるこのカードは非常に強力です。現環境なら必須だと思います。
矢印がニンギルスより強いというのもいいですね。

・ガメシエル2
ほぼ彼岸ピンポ。
このデッキの壊獣は弱くて使いたくないのですが、ベアトを迅速に処理できるのはとても大きく、彼岸相手なら一応妨害にもなるので悪くなかったです。
接触するGと比較するとあちらと違って裏目がほぼ無く、被ったり後引きしても強いので壊獣に軍配が上がると思います。
私は壊獣を採用する時はいつも被った時のことを考えて種類を散らすのですが、今回はスリーバーストショットが戦闘破壊されないということを重視してガメシエル2にしました。

・ダストフォース2
虚無魔人、究極伝導、ミドラーシュ、ダークロウなどなど苦手なカードを見る枠兼彼岸に対して入れれる枠として最初は次元幽閉を採用していたのですが、仮想敵にリンクモンスターがいないためダスフォが1番まるいのではと思い採用しました。
究極伝導ミドラーシュとかいう最悪の展開を1枚で返せるのが1番の利点ですね。
ただ本番ではリンクに無力という裏目を踏んでしまい、ヴァレルロード止めれず死んで幽閉にしとけばなぁとなりました。どっちを取るかですね

・ライフストリーム
彼岸のスキドレに対して強く出れるので強力なのですが、今の環境はスキドレあんまり強くないのでなんとも…
しかしまあ一応、という感じです。環境が混沌としているのでサイドスキドレは普通にあり得ますしね。
そして実際スキドレされて、かなり活躍しました。あと一歩というところでヴァレル出されて回答引かずに負けてしまいましたが…


⭐️今期よく見そうなデッキに対して
今期、こんなにデッキが多彩だと思ってなかったのであまり多くのデッキとの調整は出来ていません。なので書くことあるやつを書きます。

・セフィラ
ハリファイバーとデスサイズが刺さるため、まあまあ勝てます。
普通に動かれたら返すのはまあ無理ですがそれはどのデッキも同じだと思うので、誘発で全力で止めに行きます。
γはケアして勝てるデッキでもないので無視しましょう。して勝てるようならそれに越したことはないですが…

・魔術師
ハリファイバーとデスサイズが刺さるため(ry
ただしセフィラよりリソースが豊富なためやりづらいです。初動を挫けるならスケール消し飛ばし続けて勝つことも出来ますが、ある程度まともに動かれるようだとそれが難しくなってくるためさっさと殺しましょう。
殺しに行く際はアストログラフ、クロノグラフ、死毒の魔術師に注意しましょう。

・彼岸
デスサイズは刺さりますがハリファイバーがあんまり効かないのと、こちらに破壊ではない除去手段が少ないため相性良くないです。しかし勝てない相手ではないと思います。
理想としてはメインモンスターゾーンにグリオンガンドやバイファムートなどの高打点を置いて制圧したいところです。グリオンガンドはうまく出せば勝ち級なので積極的に狙いましょう。
ヴァレルロードは最強ですが、相手のヴァレルロードが最悪の裏目なので可能な限りケアしてる状況下で出したいものです。
逆に相手のヴァレルロードは、こちらのバイファムートなどの高打点に対するベストな回答なため、そこに対してこちらのヴァレルロードを出していければ理想ですね。
無闇にデストルドーを出すとファーファに飛ばされたらデッキに戻って悲しくなるので注意しましょう。

・恐竜
型によって辛さが変わるのですが、1番きついのはシャドール型です。もう影依打たれる前に殺すしかないです。AFがシャドール無理なのは歴史が証明しています。
恐竜ギミック自体は究極伝導の圧倒的パワーがかなり辛いのですが、モラルタの存在から究極伝導の対処自体はある程度やりやすいデッキではあると言えます。リンクの都合上、究極伝導の効果の使いどころをある程度自分のやりたいように持っていきやすいですしね。なんとかモラルタの発動まで持っていきましょう。
シャドール見えてる見えてないに関わらず、サイド後は誘発入れまくって後手を取るのが無難だと思います。相手の後手札をすかしつつ、妨害のために無駄な手札消費を強いれたら理想ですね。

・結界像
諦めましょう。



今回はこんな感じで終わります。
なんか質問とかあればお願いします。
アーティファイバー、ほんとに逆風も逆風でキツイんですが考えるのめちゃくちゃ楽しいんですよね。いいものが思いつかないなら来年も使っていきたいです。
ではまた
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

コト

Author:コト
@ddd_koto

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター・カウンター
ブロとも一覧

風嫁フリーダムX~ガガガクラーク研究ブログ

宮廷アリス

いつでも納涼

グォレンダァ!

遊戯王 大会優勝 デッキレシピ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。