FC2ブログ

閃刀恐竜の雑記

久々に遊戯王復帰しました
最初はトリスタ閃刀使うつもりだったのですが、割と色んな人が使ってるため断念
ヴァレルソードと合わせてキル出来るカードを探していると恐竜がよさげってことになったので恐竜を選びました。

=================================
【閃刀恐竜】
メインデッキ:43枚
EXデッキ :14枚
サイドデッキ:15枚
=================================

【モンスター】19
エフェクト・ヴェーラー ×3
グローアップ・バルブ ×1
ジェット・シンクロン ×1
増殖するG ×3
灰流うらら ×2
魂喰いオヴィラプター ×1
終末の騎士 ×3
シャドール・ドラゴン ×1
SPYRAL-ダンディ ×1
オーバーテクス・ゴアトルス ×1
亡龍の戦慄-デストルドー ×1
究極伝導恐獣 ×1
【魔法】23
究極進化薬 ×1
おろかな埋葬 ×1
増援 ×1
閃刀術式-ジャミングウェーブ ×1
閃刀起動-エンゲージ ×3
閃刀機-ホーネットビット ×3
墓穴の指名者 ×3
簡易融合 ×2
精神操作 ×2
ハーピィの羽根帚 ×1
影依融合 ×3
ツインツイスター ×2
【罠】1
無限泡影 ×1
【エクストラ】15
サウザンド・アイズ・サクリファイス ×1
エルシャドール・ミドラーシュ ×1
テセウスの魔棲物 ×1
エルシャドール・シェキナーガ ×1
瑚之龍 ×1
リンクリボー ×1
サクリファイス・アニマ ×1
閃刀姫-カガリ ×1
閃刀姫-ハヤテ ×1
トロイメア・マーメイド ×1
水晶機巧-ハリファイバー ×1
トロイメア・フェニックス ×1
見習い魔嬢 ×1
スリーバーストショット・ドラゴン ×1
ヴァレルソード・ドラゴン ×1

【サイドデッキ】 15
幽鬼うさぎ ×1
ファイヤーソーサラー ×1
星遺物-『星盾』 ×1
ツインツイスター ×1
コズミック・サイクロン ×1
レッド・リブート ×3
魔封じの芳香 ×3
無限泡影 ×2
水晶機巧-ハリファイバー ×1
鎖龍蛇-スカルデット ×1


全部後攻取って後攻ワンキルで殺すデッキです。
コンセプトがコンセプトなので頭使いません。しかしそれにも関わらず連戦ではめっちゃミスしたのでクソですね。私が使わなきゃもっと勝てたんじゃないでしょうか。
キルパターンは
・ヴァレルソード+究極伝導(終末+簡易テセウス等)
・ヴァレルソード+見習い魔嬢(ビット+終末等)
が主です。正直デッキ名【ヴァレルソードビート】が相応しいってくらいヴァレルソードでばかり決めてます。勝ちの9割ヴァレルソードです

・終末3オヴィラプター1影依融合3増援
恐竜絡みの初動です。化石調査も入れたかったのですがデッキ枚数が増えすぎるので断念。ミセラアウロ自体は、アウロをハリファイバーで持ってきたいこともあり悪くはないと思いますがゴミ増やしたくなかった
影依や終末はハリファイバーにもなれるのにオヴィラプターは究極伝導出すことしかできないので制限のくせに1番弱いです。

・でかい恐竜共と進化薬
手札に来てキレまくったので1ずつにしました。
しかし進化薬素引きを強くするためにエクストラにリプロドクスorメインに恐竜チューナーを入れて進化薬の枚数増やすプランがもしかしたらよかったかもしれません。

・スパイラルダンディ1
増援でサーチする枠。
通った時の単体のカードパワーは言わずもがなとても高いですが不安定なので、そこを嫌うならTGストライカーも強いです。あちらはあちらでビットとのかみ合いが悪いのが嫌なので好き好きって感じですね

・誘発
ABCの展開はエクストラリンクまで行かれなければだいたい返せるので、確実に止めれるようにヴェーラー系を優先しました。影依との兼ね合いもあります。

・エンゲージ3ビット3ジャミング1
閃刀出張。
ビットは言わずもがなですが本当にジャミングサーチできるのが偉すぎますね。せんとうき等伏せるデッキに対しての耐性が自然に付けれます。
アフターバーナーは前除去したいタイミングがそんなになくて、前の置物踏むのはビットでもまあ出来なくもないこと、アンカーは初動のタイミングで奪うまで行くことはほぼ出来ませんし妨害としても使いづらくそもそも返しの返しに備えてる余裕あるデッキではないので入れませんでした。

・簡易融合2
サウサクで閃刀姫リンクを吸うとレイが出てこなくなるので純閃刀に対してかなり強く、勿論テセウスもハリ出すマンとして強力です。エクストラきっつきつですが、今回のコンセプトでデッキを組んで行くなら必須と言っていいくらいに思います。
一応ミドラも出せます。うららで止められた影依を回収したり出来ます。やったことはないです

・精神操作2
めちゃくちゃ強いです。
このデッキのキルラインは恐竜絡まないとなんだかんだギリギリなことが多いので除去と展開を必ずこのカードはめちゃくちゃ偉いカードです。
せんとうリンク奪ってハヤテでエンゲージ落としてカガリで拾ったりとおしゃれなことも出来ます。もちろんレイ出てこないので純閃刀相手には特に有効なカードと言えます。

・見習い魔嬢
ヴァレルソードと合わせて8000超えるリンク2がこのデッキで出せるのだとこれくらいなので必須です。
主にビットのトークン+リンクリで出します。

・サクリファイスアニマ
相手のヴァレルソードが倒しにくいので入れました。
またこのカードを入れることで、闇属性絡まない手札でも見習い魔嬢が出しやすくなるというメリットもあります。

・コーラル
ワンマジも入れたいのですが、サイチェン後の魔封じビートしてる時に出せなくなるのでコーラルを優先しました。シンクロチューナーが必要な状況は主にサイチェン後の方が多いですし。両方入れる枠はないです

・スリーバーストショット
主にレイを止めます。恐竜絡まない手札だとレイに苦労することも多くなんだかんだ必須でした。


・星遺物星盾
せんとうきやメタルセフィラなんかはメインギミックでほとんどこれを超えられないので二本目以降先攻渡される時に入れます。これで持ちこたえてパーツ揃えるまで待つ算段です。
ただしせんとうきはヴァレル系+シズク、セフィラはグラマトンで超えれるため過信は出来ません。なのでどちらかというと相手に無理な展開させて戦力を削ぐ意味合いの方が強いです。

・サイドのハリファイバー、スカルテッド
先攻渡された時に何をするか色々考えていたのですがどれも枠の割に脆く弱く、結局スカルテッドで妨害集めに行くのが1番枠取らないしまるいって結論に至りました。
スカルテッド立てるのにハリファイバー使ってしまうと返しの返しが弱くなるのでハリ2枚目も必要になります。


今回は勝てなかったのでこんなところですかね。
次はしっかり勝てるデッキ組みたいです。
これも悪くはないと思うのでアップデートして勝てるようになるといいなって思います…が、オルターが余りにも苦手なのでブロック戦ではあんまり使いたくないですね。困ります
スポンサーサイト

アーティファイバーの記事 in福山cs

今日は福山csに出ました。

マーメ◯◯
ヒーロー×◯◯
彼岸◯◯
恐竜◯×◯
彼岸◯××

恐竜ヒーローシャドール◯×◯
彼岸×◯×

5-2のベスト8で終わりました。
最近は1落ちが続いてたのでとりあえず1落ちは乗り越えれてホッとしたのもつかの間、ベスト8で死んでしまってかなり悔しいです。
苦手なデッキばっかり踏んで、見てたはずのセフィラ踏んでないのが悲しいところですね。まあ苦手なデッキでも勝てればいいんですけどね(勝ててないですが)

2017121720251297c.jpg
20171217202510192.jpg

=================================
【アーティファイバー】
メインデッキ:43枚
EXデッキ :15枚
サイドデッキ:15枚
=================================

【モンスター】30
エフェクト・ヴェーラー ×2
グローアップ・バルブ ×1
ジェット・シンクロン ×1
スポーア ×1
D.D.クロウ ×1
増殖するG ×3
幽鬼うさぎ ×2
灰流うらら ×3
ローンファイア・ブロッサム ×1
幻影王 ハイド・ライド ×1
マスマティシャン ×2
終末の騎士 ×3
アーティファクト-デスサイズ ×3
アーティファクト-モラルタ ×1
BF-朧影のゴウフウ ×1
亡龍の戦慄-デストルドー ×2
カオス・ソルジャー -開闢の使者- ×2
【魔法】6
アーティファクト・ムーブメント ×3
増援 ×1
死者蘇生 ×1
おろかな埋葬 ×1
【罠】7
アーティファクトの神智 ×3
神の通告 ×2
リビングデッドの呼び声 ×2
【エクストラ】15
フォーミュラ・シンクロン ×1
水晶機巧-クオンダム ×1
TG ワンダー・マジシャン ×2
ブラック・ローズ・ドラゴン ×1
PSYフレームロード・Ζ ×1
PSYフレームロード・Ω ×1
水晶機巧-グリオンガンド ×1
白闘気双頭神龍 ×1
リンクリボー ×1
水晶機巧-ハリファイバー ×3
スリーバーストショット・ドラゴン ×1
ヴァレルロード・ドラゴン ×1

【サイドデッキ】 15
D.D.クロウ ×2
エフェクト・ヴェーラー ×1
幽鬼うさぎ ×1
ファイヤーソーサラー ×1
海亀壊獣ガメシエル ×2
ハーピィの羽根帚 ×1
神の宣告 ×1
タイフーン ×3
砂塵のバリア -ダスト・フォース- ×2
ライフ・ストリーム・ドラゴン ×1


環境が変わり、デッキの内容も結構変わりました。
レフティドライバーとライティドライバーとが強いため、初動の配分とかは今後変わると思います。

⭐️特筆すべき採用カード
基本的なことについては前書いた記事をご覧下さい

・初動
終末4マスマ2ロンファバルブジェットゴウフウで10枚です。前と同じですね。
ロンファは直前までバルブ2枚目だったのですが、こちらの方が融通効きやすいのとか相手に誘発の投げどころをミスらせれる効果があるのでこちらがいいと思いました。でもヒーローにバルブ除外された時は後悔しました。
他の初動候補としてはドラコネットがあり、これはシトリィを使いやすくなるので有用ですが、ギャラクシーサーペントがゴミなのであまりやりたくなくてやめました。
前述の通りライティレフティ来たので色々弄らないといけません。

・アーティファクト
今回はデスサイズ3モラルタ1。
モラルタがあまり効かない彼岸が増えたので、この配分にしました。
恐竜などに対してはモラルタ多い方がいいので良し悪しですが、まあデスサイズ刺さるデッキの方が多いので概ねいい感じです。

・誘発
なぜか緩和されたGは勿論3で、魔術師や彼岸に対してそんなに良くないもののGを止めれるのが偉すぎますしそれらに対しても打ち所が無いというわけでは決してないので相変わらずまるいうららも3。
うさぎヴェーラークロウはまるさを考えて2:2:1にしました。本当にまるさを求めるならこれらは罠にした方がまるくはあるのですが、セフィラの展開返せませんし植物ワンキルもいるので…

・ハイドライド
前期から続投ですが、前期と比べて相対的に弱くなっているので採用してない人が多いのにも納得です。
前期の、というかスパイラルに対してのハイドライドは、アーティファクトいない時にも立てておくと相手はジーニアス召喚から入る以外で綺麗に処理しきることができなかったのでなかなか強かったのですが、今期はそれしても下級に殴られてメイン2展開されるだけなので……
しかし、アーティファクト展開の時にΩを出せるのは拮抗の緩和や相手の妨害、ダメージレースの観点からとても大きく、そのために採用するくらいの価値はあると思って続投しました。
あとは、あんまりしませんが自分ターンにハリから持ってきてデストルとかと合わせてシンクロに使えるのは他にはない魅力ですね。
素引きしても対して困らないのでローリスクローリターンです。

・スポーア
誘発踏みこえるカードを増やしたくて色々考えた結果1番まるかったおろかな埋葬の欠点であるデッキリソース食い潰すという点を緩和したくて入れました。
おろまい関係なくデッキのリソースが増えるのは大きく、最序盤以外は素引きしても1枚で動けるので、入れてよかったです。
レベルが2になるので自分ターンにデストルと合わせてグリオンガンドを出しやすくなるというのもいいところです。

・スリーバーストショットドラゴン
どうしても対処したい置物が環境から減ったというのもあり、彼岸を見るためにニンギルスと入れ替える形で採用しました。
このデッキは攻勢に回っていても、グラバーガトルなどで永遠に耐えられて負けたりすることが割とあり、それを咎めることができるこのカードは非常に強力です。現環境なら必須だと思います。
矢印がニンギルスより強いというのもいいですね。

・ガメシエル2
ほぼ彼岸ピンポ。
このデッキの壊獣は弱くて使いたくないのですが、ベアトを迅速に処理できるのはとても大きく、彼岸相手なら一応妨害にもなるので悪くなかったです。
接触するGと比較するとあちらと違って裏目がほぼ無く、被ったり後引きしても強いので壊獣に軍配が上がると思います。
私は壊獣を採用する時はいつも被った時のことを考えて種類を散らすのですが、今回はスリーバーストショットが戦闘破壊されないということを重視してガメシエル2にしました。

・ダストフォース2
虚無魔人、究極伝導、ミドラーシュ、ダークロウなどなど苦手なカードを見る枠兼彼岸に対して入れれる枠として最初は次元幽閉を採用していたのですが、仮想敵にリンクモンスターがいないためダスフォが1番まるいのではと思い採用しました。
究極伝導ミドラーシュとかいう最悪の展開を1枚で返せるのが1番の利点ですね。
ただ本番ではリンクに無力という裏目を踏んでしまい、ヴァレルロード止めれず死んで幽閉にしとけばなぁとなりました。どっちを取るかですね

・ライフストリーム
彼岸のスキドレに対して強く出れるので強力なのですが、今の環境はスキドレあんまり強くないのでなんとも…
しかしまあ一応、という感じです。環境が混沌としているのでサイドスキドレは普通にあり得ますしね。
そして実際スキドレされて、かなり活躍しました。あと一歩というところでヴァレル出されて回答引かずに負けてしまいましたが…


⭐️今期よく見そうなデッキに対して
今期、こんなにデッキが多彩だと思ってなかったのであまり多くのデッキとの調整は出来ていません。なので書くことあるやつを書きます。

・セフィラ
ハリファイバーとデスサイズが刺さるため、まあまあ勝てます。
普通に動かれたら返すのはまあ無理ですがそれはどのデッキも同じだと思うので、誘発で全力で止めに行きます。
γはケアして勝てるデッキでもないので無視しましょう。して勝てるようならそれに越したことはないですが…

・魔術師
ハリファイバーとデスサイズが刺さるため(ry
ただしセフィラよりリソースが豊富なためやりづらいです。初動を挫けるならスケール消し飛ばし続けて勝つことも出来ますが、ある程度まともに動かれるようだとそれが難しくなってくるためさっさと殺しましょう。
殺しに行く際はアストログラフ、クロノグラフ、死毒の魔術師に注意しましょう。

・彼岸
デスサイズは刺さりますがハリファイバーがあんまり効かないのと、こちらに破壊ではない除去手段が少ないため相性良くないです。しかし勝てない相手ではないと思います。
理想としてはメインモンスターゾーンにグリオンガンドやバイファムートなどの高打点を置いて制圧したいところです。グリオンガンドはうまく出せば勝ち級なので積極的に狙いましょう。
ヴァレルロードは最強ですが、相手のヴァレルロードが最悪の裏目なので可能な限りケアしてる状況下で出したいものです。
逆に相手のヴァレルロードは、こちらのバイファムートなどの高打点に対するベストな回答なため、そこに対してこちらのヴァレルロードを出していければ理想ですね。
無闇にデストルドーを出すとファーファに飛ばされたらデッキに戻って悲しくなるので注意しましょう。

・恐竜
型によって辛さが変わるのですが、1番きついのはシャドール型です。もう影依打たれる前に殺すしかないです。AFがシャドール無理なのは歴史が証明しています。
恐竜ギミック自体は究極伝導の圧倒的パワーがかなり辛いのですが、モラルタの存在から究極伝導の対処自体はある程度やりやすいデッキではあると言えます。リンクの都合上、究極伝導の効果の使いどころをある程度自分のやりたいように持っていきやすいですしね。なんとかモラルタの発動まで持っていきましょう。
シャドール見えてる見えてないに関わらず、サイド後は誘発入れまくって後手を取るのが無難だと思います。相手の後手札をすかしつつ、妨害のために無駄な手札消費を強いれたら理想ですね。

・結界像
諦めましょう。



今回はこんな感じで終わります。
なんか質問とかあればお願いします。
アーティファイバー、ほんとに逆風も逆風でキツイんですが考えるのめちゃくちゃ楽しいんですよね。いいものが思いつかないなら来年も使っていきたいです。
ではまた

アーティファイバーの記事

2017111820295175b.jpg

=================================
【アーティファイバー】
メインデッキ:43枚
EXデッキ :15枚
サイドデッキ:15枚
=================================

【モンスター】28
エフェクト・ヴェーラー ×2
グローアップ・バルブ ×1
ジェット・シンクロン ×1
増殖するG ×2
幽鬼うさぎ ×3
灰流うらら ×3
幻影王 ハイド・ライド ×1
マスマティシャン ×3
終末の騎士 ×3
フォトン・スラッシャー ×1
アーティファクト-デスサイズ ×2
アーティファクト-モラルタ ×2
BF-朧影のゴウフウ ×1
亡龍の戦慄-デストルドー ×1
カオス・ソルジャー -開闢の使者- ×2
【魔法】4
アーティファクト・ムーブメント ×3
増援 ×1
【罠】11
アーティファクトの神智 ×3
リビングデッドの呼び声 ×2
神の通告 ×2
手違い ×3
王宮の勅命 ×1
【エクストラ】15
フォーミュラ・シンクロン ×1
水晶機巧-クオンダム ×1
水晶機巧-アメトリクス ×3
TG ワンダー・マジシャン ×2
メタファイズ・ホルス・ドラゴン ×1
PSYフレームロード・Ζ ×1
ブラック・ローズ・ドラゴン ×1
白闘気白鯨 ×1
PSYフレームロード・Ω ×1
水晶機巧-グリオンガンド ×1
リンクリボー ×1
星杯戦士ニンギルス ×1

【サイドデッキ】 15
浮幽さくら ×3
ファイヤーソーサラー ×1
アーティファクト-ロンギヌス ×1
ブラック・ホール ×2
ハーピィの羽根帚 ×1
神の宣告 ×1
神の警告 ×1
醒めない悪夢 ×1
タイフーン ×3
SPYRAL-ザ・ダブルヘリックス ×1


アメトリクス→ハリファイバー
白鯨→双頭神龍
いつになったら構築王にバイファムート実装されるんでしょう?
ADSの画像はタイフーンが拮抗になってますがタイフーンのつもりです。


・このデッキを作るにあたって
ハリファイバーを使ってみたい、しかしソリティアはしたくない…ってところからスタートして、ワンダーマジシャンでアーティファクトを割るのが強い!ということからそこにフィーチャーしたデッキを作ろうということに決めました

《TG ワンダー・マジシャン/T.G. Wonder Magician》 †
シンクロ・チューナー(効果モンスター)
星5/光属性/魔法使い族/攻1900/守 0
チューナー+チューナー以外の「TG」と名のついたモンスター1体以上
このカードがシンクロ召喚に成功した時、
フィールド上に存在する魔法・罠カード1枚を選択して破壊する。
フィールド上に存在するこのカードが破壊された時、
自分のデッキからカードを1枚ドローする。
また、相手のメインフェイズ時、
自分フィールド上に表側表示で存在するこのカードを
シンクロ素材としてシンクロ召喚をする事ができる。


そういうわけでこのデッキは【アーティファクト】です


・デッキの戦い方

終末の騎士、マスマティシャン、バルブといった一枚でハリファイバーを出せるカードからハリファイバーを出していきます。
出す優先度は、他の防御札でライフ守れそうなら終末最優先です。バルブはデュエル中に一度しか使えませんがデストルドーは何度でも使えるため、あとで2枚目引いても問題ないというのがその理由です。

ハリファイバーから出すカードは基本的にはハイドライドかゆきうさぎの2択になります。手札の内容と相談ですが、優先度はハイドライドの方が高いです。素引きが基本的には弱いのと、開闢のために墓地に闇属性を置いておきたいからです。
相手ターンに出すシンクロは、
ワンダーマジシャン+ハイドライド→Ω
ワンダーマジシャン+アーティファクト→白闘気双頭神龍
クオンダム+ハイドライド→ブラロ、Ζ
クオンダム+星4→Ω
フォーミュラ+うさぎ+星4→グリオンガンド
フォーミュラ+星4→メタファイズホルス
フォーミュラ+アーティファクト→ブラロ、Ζ
フォーミュラ+メタファイズホルス+1チューナー→グリオンガンド
フォーミュラ+相手の出したトーチ→白闘気双頭神龍
といった感じです。メタファイズホルスを相手ターンに出したことはないです。

後手や、うさぎを当てられた時はハリファイバーから1チューナーを持ってきたりもします。うさぎを当てられた時にアーティファクトを握っていれば、持ってきたバルブやジェットからそのまま2枚目のハリファイバーを立てることで妨害が問題なくできるようになります。アーティファクト持ってなくてもサイクロンは出来るのでやるのもアリです。
後手での1チューナーはニンギルスを立てるのに使います。ニンギルスで除去や戦闘したあと、メイン2で蘇生した1チューナーとで再びハリファイバーを作ればまた妨害出来ます。ここでバルブやジェットではなくヴェーラーからニンギルスを出した場合、ヴェーラーとリンクリボーで光闇が揃うので開闢のコストが一手で揃うため、意識しておきましょう。

ハリファイバーはバトルフェイズにもシンクロチューナーを出せますが、ワンダーマジシャン、フォーミュラはメインフェイズしかシンクロできません。クオンダムだけはバトルフェイズにシンクロ出来ます。気をつけましょう


・カード紹介
特筆すべきものを書きます

AF
モラルタ2デスサイズ2ムーブメント3しんち3
従来の【アーティファクト】ならまず入っていたベガルタは、役割をワンダーマジシャンに取られたので不採用です。
素引きしても腐らないとはいえ流石に引きすぎても嫌ですしこの枚数にしています。

開闢
このデッキの裏のエースです。
ワンダーマジシャンとハイドライドで光闇揃うため基本的にはハリファイバーを出すだけで召喚条件が整います。
このデッキは所詮8期デッキなためデッキパワーが低く、早急に試合を終わらせなければならないくせにキル力が低いため、半ば必須だと思います。デュエル中これを引いたらちゃんと出せるように常に心の片隅に置いておきましょう。

ジェットシンクロン
マスマティシャンで落とす2枚目のカードかつ、バルブ絡みでハリファイバーを出してうさぎを食らった時にリクルートして2枚目を出す用です。
この用途だとスポーアの方が手札コストがいらないぶん優れているのですが、素引きの際にハリファイバーを作れることを評価してこちらに。
打点が500あるので、相手ターンにジーニアス召喚時にワンダーマジシャンからデスサイズを出して相手が止まってくれた場合、シンクロして双頭神龍を出して返しにマスマティシャンから落として総攻撃すれば8000削れるというのも覚えておくべき長所です。

リビングデッド
ハリファイバーを釣りたい状況がそれなりにあるため、戦線復帰より優先します。
そこを重視しないなら戦線復帰にしてもいいと思います。ゆきうさぎつるときも割とあり、基本的にはそちらの方が強いので

白闘気双頭神龍
自分のターンに出したトークンは横向いてるので注意しましょう。
自分の手札にチューナーがない場合、次のターンに殺せそうなら出しましょう。むりそうならワンダーマジシャンとアーティファクトのまま置いておいた方が無難です。

メタファイズホルス
ほぼ出しませんが6シンクロ欲しい時が稀にあるので採用してます。
アーティファクト+バルブやジェットで出しつつ、蘇生したチューナーと合わせてグリオンガンドを出したい時が主な使いどきです。
ヴァルカン、チャージウォリアーとの択になりますがヴァルカンはさすがにリビデだけだと出しづらく、スタチャと比較してやれることがはっきりしており一応相手ターンに出しても意味があるということでメタホルになりました。

リンクリボー
双頭神龍やグリオンガンドといった大物はメインモンスターゾーンに置きたいですし、開闢のコストになるので裏目がないようならなるべく出していきたいカードです。
適当なモンスターでハリファイバーを殴るそぶりを見せて釣ってくる相手に対してもリンクリボーが立っていれば気にすることなく妨害出来るというのもいいですね



新環境始まって環境理解が深まったら、各デッキとの立ち回りとかそういう感じの記事も書きます。
よかったら使ってみて下さいね(流石にこれはどうせ誰も使わない)

今期のカグヤ

=================================
【カグヤ】
メインデッキ:42枚
EXデッキ :12枚
サイドデッキ:15枚
=================================

【モンスター】27
百万喰らいのグラットン ×3
WW-スノウ・ベル ×1
増殖するG ×3
灰流うらら ×3
WW-アイス・ベル ×3
妖精伝姫-カグヤ ×3
WW-グラス・ベル ×2
BF-朧影のゴウフウ ×1
粘糸壊獣クモグス ×2
海亀壊獣ガメシエル ×1
怪粉壊獣ガダーラ ×3
壊星壊獣ジズキエル ×2
【魔法】10
妨げられた壊獣の眠り ×1
コズミック・サイクロン ×3
ハーピィの羽根帚 ×1
スケープ・ゴート ×2
月の書 ×3
【罠】5
マクロコスモス ×3
神の警告 ×1
虚無空間 ×1
【エクストラ】15
クリアウィング・ファスト・ドラゴン ×2
クリスタルウィング・シンクロ・ドラゴン ×2
リンクリボー3
ミセス・レディエント ×2
プロキシー・ドラゴン ×1
アカシック・マジシャン ×1
星杯戦士ニンギルス ×1
デコード・トーカー ×1
トポロジック・ボマー・ドラゴン ×1
ヴァレルロード・ドラゴン ×1

【サイドデッキ】 15
ファイヤーソーサラー ×1
スカル・マイスター ×3
大欲な壺 ×3
スケープ・ゴート ×1
拮抗勝負 ×3
醒めない悪夢 ×2
聖なるバリア-ミラーフォース- ×2


最近はトリックスターで優勝したりしてかなり調子いいのですが、魔弾に勝てなさそうなので壊獣カグヤを組み直しました
なんだかんだ言って魔弾はあまり流行りませんでしたが、思ったよりいけそうなので使い続けることにしました。

基本構成は前の環境のものとあまり変わらないので前と違うところを語っていきます

・グラットン
最近流行ってますね。私が結果残すまで全く見なかったので私が流行らせたと自画自賛してます
単純にいい感じの攻め手が足りないので入れてます。WW使ったターン出せないのが欠点ですがまあだいたいなんでもそうなので仕方ないです
飛ばすのはクリスタルファストリンクリボートポロジックミセス1枚ずつが多いです。

・誘発の枚数
誘発がメインには6枚しか入っていません。これは恐竜に対して中途半端な誘発を投げて貫通されるよりは、頑張れば返せるデッキなわけですし返しに強いカードを多く入れて頑丈な作りにした方がマシなことが多いと思った結果です。2ハンきゅうしなんて壊獣アイスで返せるのです。祈りましょう。

・月の書
割と質問の多かったカードです。
ボウテンコウに対してスタンバイに使うことで、きゅうしを使われても使われなくてもメインフェイズに壊獣で食べることが出来ます。
単純にバックとして見ても悪くはないため3積みました。

・スケゴ
後手デッキなので恐竜相手に弱く、メインでは枚数を削りました。ゆっくり戦っていい相手にはサイドインします。

・罠採択
今期はマクロ貼るだけじゃ勝てないので抜くつもりでしたがなんだかんだ言って返した後の蓋として優秀ですしカグヤとの組み合わせは言わずもがな。苦手なペンデュラム系とかにも耐性つきますし真竜の数も環境初期に想像してたより多く、入れといた方がいいと判断しました。
虚無、警告は恐竜相手に返した後の後続を断つために入れました。返すだけでは結局再展開されて負けるので後続を断つカードは必須です。アイスベル(クリスタル)と合わせて5枚ある計算になります。心許ない枚数ですがまあそれ引いてない時は誘発引けてるだろうとかそういう考えです

・エクストラ
割とリトスケアを意識しました。もっと意識するならニンギルス2枚にしたいところですが…
リンクリボーの登場でミセススパイダースパイダー出来なくなったのでライフ取るためにミセスは2必須です。

・拮抗勝負
決まれば勿論強いのでサイドには入れました。
恐竜相手に紙なのでメインには絶対入れる気になりません。
恐竜以外の相手にはだいたい入れてました。

おわり
思ったより前期からあまり変わらなかったので思ったより書くことなかったです
質問あればお願いします。

壊獣カグヤ

久々にCS優勝しました。去年の10月以来です。
これで優勝3回、3位2回、4位1回、ベスト8が5回ですね。
今年は去年より勝てるよう頑張りたいものです

では今回使ったやつです
20170515191538046.jpg
20170515191539e5c.jpg
見えづらい…基本的には前と変わりませんがいくらか変えました。

メインのエキセンをタイフーンにしました。
モンスター除去としても使える融通性より手札誘発としての強さを優先した結果です。
恐竜が減りまくってるのでマッチしていると思います。

サイドはライオウが被りまくって死ぬのが負けパターンの1つとなってたので抜いたりして最終的に2枚になりました。
最初は後手の時も入れていたのですが残りの手札が噛み合わないと活躍しないため、基本的に先手取らされそうな時のみ入れることにしました。
スカルマイスターはこんなに恐竜やコズモ減ったのに3枚もいるの?って感じですが枠があるのでいいのです。
恐竜真竜皇は得意な相手なのですが恐竜星は苦手なのでそれを意識した結果でもあります。
ミラフォ系はトリックスターのクリスタルを意識してダスフォと散らしました。言うまでもなくエアーはあり得ませんね。ウェーブは考える余地ありですがライオウ守れないのは痛いですね

エクストラのチャンバラはまっっったく出ないので解雇しました。
いうてミセス2枚目も出ないので、商品の商品券で買ったリンクスパイダー3枚目を入れます

ブロック代表戦も余程のことがなければ壊獣カグヤで頑張ります。
十二に対して弱いので万が一使いたい人がいても使うのやめといた方が無難ですよ。
プロフィール

コト

Author:コト
@ddd_koto

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター・カウンター
ブロとも一覧

風嫁フリーダムX~ガガガクラーク研究ブログ

宮廷アリス

いつでも納涼

グォレンダァ!

遊戯王 大会優勝 デッキレシピ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR