RAGE出ようとしました

リザーバーおちーーーーー死ねなの

20180211201138057.png
201802112011376a5.png

Nヴとアグロロイヤルで出ようとしてました。ドラドラ2タテ編成
アグロエルフも候補でしたが不安定感を最後まで拭えなくてやめました
サーベイジを前日まで入れてたんですけど、抜いて鎖入れてバフォメットでキャット確定にした方が強くていい感じでした
ニンジャマスターはレヴィを素で耐えて進化置きで灼熱もケア出来るってことを評価してマスクノより優先していいのでは?みたいな感じです
先攻ぶんぶん轢き殺せば誰にでも勝てるのがいいところですね
あーーー出たかったなぁ
次回のRAGEは東京行きます
スポンサーサイト

グラマスいけました

無事目標達成出来ました
RAGEも頑張りたいです(リザーバーですが)

Nアグロヴァンプ使いました
2018012218343492e.jpg
画像のサイズの問題で画質荒くなってしまうのが嫌ですね
マリガンで1マナを全力で探しに行っても自然に2マナ引けるようにと考えて2マナ17枚にしました
本当は鎖とか入れたいんですけど、これ以上ヴァンプのカード増やしたくないので辛いところです
梟生きて帰ってきたら勝ちなので(ほぼ死にますが)、後半腐るとか加味しても3でもいいかもなとか最近は思います
今の環境はランプドラゴン土ウィッチネクロ辺りが上位ですが、ドラゴンに有利取れつつ土に対してもぶん回られなければいけて、ネクロも先手だと有利だと思うので割と今の環境に合ってるのでは?と思うのですが明日のナーフでこの辺弱体化してネメシス(不利)が上がってきたりするときついですね
結構気に入っているので勝てるようならRAGEでも使いたいです(出れるなら)

なんか構築こうしたらいいよみたいなのあればお願いします
ではでは〜

シャドバ始めました

絶対にやるまいと思ってたシャドバを3日前に始めてしまいました
理由はお察しの通り、1億円のためですね
1億円貰って安心して人生を送りたい!宝くじ買うよりは確率高いだろ!ってことで始めましたが、普通に面白くてハマってしまいました。
今組んでるのはアグロニュートラルヴァンプ、アグロエルフ、潜伏ロイヤルなのですがアグロニュートラルヴァンプが1番勝率いいです。

201801021412009f7.jpg
ゴブリン3
ワイズマーマン3
バフォメット3
天弓の天使リリエル3
堕天使イヴリシア3
歌劇姫フェリア3
ハッピーピッグ1
サーベイジウルフ3
御言葉の天使3
エンジェルナイト3
バイヴカハ3
均衡の大梟3
ファントムキャット3


レシピはこんなんです。
デッキのほとんどのクリーチャーをニュートラルで統一することでファントムキャットの効果を活かしていくという感じです。
元々はカラボス使いたくて考えてたんですがデッキのクリーチャーがニュートラルとヴァンパイアで半々になってることに気づいたので昔タイムラインでみたことのあるニュートラルヴァンプを組むかって思って調べたら、どう考えてもカラボスよりファントムキャットのほうが強くね?と思ったので、ファントムキャットとそれを持ってくるバフォメットとライフ取る性能が高くて変えが効かないと思ったサーベイジウルフ以外全部ニュートラルと入れ替えてこうなりました。
かなり手に馴染むので組んでよかったと思います。
ハッピーピッグだけ1で他全部3なの最高に頭悪そうなので、思考停止で3突っ込んでる感のある大梟は考えどころかもしれません。
いつものようにレシピ解説とかしようと思ったんですがまあ選択肢少ないので別にいいですかね

今ローテのレートはA0なので、早くグラマスに行きたいところです。
まだまだシャドバに全然慣れてないので、試行回数稼いで慣れていきながら情報収集したりしてRAGEに向けて頑張って行きたいと思います。

あとどうでもいいですけどADSのレートの方がイライラしながらやってたので負けても言うほどイライラしてません。そういう意味では私はこのゲーム向いてるのかもしれませんね。

人間は神になれるのか?

M&Wの生みの親、ペガサス・J・クロフォードは神を畏れ、封印しました。
しかしそのペガサスは、原作遊戯王の世界においてもっとも神に近かった決闘者です。
ゲームの創造主である、ということもそうなのですが、相手の思考を全て見通す千年眼によって神の視点に立つことが出来ていたのですから。
神の視点に立てば誰でも最適解を導き出すことが出来ます。では、上手い人は神の視点に立たずともそこに立っているかのように素早く最適解を導き出せるのでしょうか?上手い人は神になれるのでしょうか?
この記事は上手い人には「こんなこと話題にするまでもないだろ…」と思われるかもしれませんが、私は上手い人ではないので温かい目で見てもらえると幸いです。

先日行われた福山CS。
決勝トーナメント2回戦の対S氏戦(彼岸)、一本目こちらが事故って一瞬で終わり、二本目に入った直後の出来事でした。
相手の墓地には彼岸二枚(確かスカラとファーファ?)、うさぎ、ブレイクソード。ここで相手はソウルチャージを発動し、彼岸二枚を対象に取りました。私はそれらをクロウ2枚でどちらも消し飛ばしてそのデュエルはそのまま私の勝利となりました。
クロウを打った瞬間、「あ〜ここミスったな〜」と呟くS氏。
対戦終了後にどんなミスだったのかを聞くと、そこでうさぎを対象に取るべきだったのに間違えた、とのこと。
そして私は考えました。もし本当にうさぎを対象に取られていたら、私はどうしただろう?と…


20171219162441df2.jpg


Twitterでアンケートを取ってみました。リプに書いてますが、彼岸が確定はこっちの勘違いで確定してなかったです
彼岸二枚を除外する、とクロウ使わない、が多いですね。
このアンケートはマッチ二本目という情報やこちらのデッキの情報などは書かれてないのであくまで参考程度にしかならないのですが、それはそうとして結論から言うと最適解は彼岸一枚とうさぎを除外する、となります。
相手の手札には彼岸(グラバーではなかった)と誘発二枚があり、うさぎの蘇生に成功したらそのままベアトまでいけるわけですね。
そんなの結果論じゃないか、という人もいるかもしれませんが、これは結果論ではありません。
かいつまんで説明すると、彼岸を爆発させるうさぎを蘇生しているという行動は明らかに不自然で、何故そんなことをするのか、を考えると見えてくるものがありますね。
ではここで、各パターンごとにどうなるのかを見ていきましょう

⭐️彼岸二枚を除外する
すみません、この選択肢作った意味なかったですね…スカラを対象に取る意味なさすぎます。メイン終了時に除外した方が美味しいのに…
先ほど述べたように、ベアトが出て終わります。
うさぎを不自然に対象にとっている以上、この回答が1番ありえないと思ってたんですけど結構票入ってますね。

⭐️ファーファを除外する
ファーファを蘇生することによって考えられる相手の行動は、うさぎを飛ばした後にベアトを立ててうさぎベアトの布陣を作ることです。
がしかし、冷静に考えてそれ狙ってるなら先にベアト立てますよね。
なのでこの選択肢も切ることが出来ます。

⭐️クロウを使わない
これは次善の策です。
ここでうさぎを蘇生させ、そのまま誘発と合わせてベアトが立って、次にダンテが蘇生する時にクロウを合わせたいということですね。
が、私の手札には開闢しか攻め手が無く、場にデスサイズはいるものの光の供給は現状だと行えません。次ターンチューナー引いてもファーファに飛ばされるのがオチです。
マスマティシャンかバルブを引けばいい感じですが、マスマティシャンかバルブでないとそのままテンポ取られて負けるのが目に浮かびます。マスマティシャンかバルブでも相手の引き次第では無理
このデッキ、というかこの手札からではダンテを抜く準備をしていてもベアトが立った後の盤面を征することは難しいと考えます。
それに相手は彼岸、ETの都合上できるだけ長引かせたくない相手です。このプランでは勝ったとしても時間がかかっているのは明白で、そういう意味でも私はこの選択肢は取りたくないです。
後述しますが、ありえる方ではあると思います。しかし、この選択肢が最適解となる場面は「これ以外にどうしようもない時」だけであり、この選択肢自体が細い細い綱渡りなため、相手の手札と今後のドローをわかってないならリスキーにもほどがあると思います。なのでこの選択肢を取って勝てる人は本当に神に近いのかもしれません。

⭐️彼岸一枚とうさぎを除外する
ここでは、この行動を取ることによる裏目を考えてみます。

・マサイがいる
マサイがいるならソルチャ打つ前に出します。

・ガイドがいる
ガイドを出す場合、ソルチャの最適解は彼岸二枚蘇生となります。
二枚とも除外されても悠々と動けますし、通ればケルビーニでうららケアも出来ます。
なのでガイドがいるのはありえないと見ることが出来ます。

・彼岸三枚いる
前述した通り、彼岸三枚いるならソルチャ打たずにベアト出すと思います。

・彼岸二枚いる
このパターンは二つに分かれます。手札の彼岸にガトルがいるか、手札の彼岸が同名カードであるならうさぎを蘇生するのはまあ理にかなうことになります。
うさぎを蘇生しなくてもいいパターンの場合、クロウを二枚打ち込んでも彼岸二体特殊召喚からケルビーニ出してグラバー落としてガトル呼び、手札の誘発とダンテを作ってからデコードベアトリーチェを作れます。
ガトル引くか彼岸被るとこれが無理なのでクロウ二枚ケアは出来なくなり、クロウ二枚ケアしようとするならうさぎを蘇生する人もいるかもしれません。
クロウ二枚ケアなんてするか?とも思うかもしれませんが、ベアトはほぼ出せば勝ち出せないと負けな以上はそこまでやるのもありえない話ではありませんね。この場合、どこにクロウ当ててもベアト出て負けます。前述したクロウ打たないのが最適解になり得るパターンです。
一応、当たり前ではありますがクロウ一枚ケアに留めておくなら手札の誘発を使うことなくかつ素材にファーファやスカラがいる強いベアトを作れる状況にある、と言うのも留意しておくべき点でしょう。

・グラバースニッチがいる
彼岸二枚パターンの後者と同様、どこにクロウ当てても負けるのでクロウ打たないのが最適解になるパターンです。



いかがでしょう。
落ち着いて考えてみれば、選択肢が実質ほぼ一択であることがわかります。
裏目はありますがその裏目の線は相手が該当の手札をしっかり握りつつアドバンテージを放棄しクロウを2枚ケアすることを考えているという細いもので、仮にそうだったとしてもその後の戦況はなかなか厳しいものとなることが予測されます。
実際にこの状況にはならなかったものの、もし本当にこれをされていたら理論に基づいて適切な行動を取れていた自信はあまりありません。ましてや彼岸戦。あまりじっくり考えている暇は無いです。
こういう時に素早く最適解を導き出せるのが強い人なんだろうな、とか考えてしまいますね。
今回の状況は明らかにレアケースなので、今後に活かせる記事というわけではないと思いますが、プレイングについて考えるキッカケとかになったらいいな、と思います。
よければ感想や意見、ここ間違ってる!みたいなのあればコメント下さい。それでは

アーティファイバーの記事 in福山cs

今日は福山csに出ました。

マーメ◯◯
ヒーロー×◯◯
彼岸◯◯
恐竜◯×◯
彼岸◯××

恐竜ヒーローシャドール◯×◯
彼岸×◯×

5-2のベスト8で終わりました。
最近は1落ちが続いてたのでとりあえず1落ちは乗り越えれてホッとしたのもつかの間、ベスト8で死んでしまってかなり悔しいです。
苦手なデッキばっかり踏んで、見てたはずのセフィラ踏んでないのが悲しいところですね。まあ苦手なデッキでも勝てればいいんですけどね(勝ててないですが)

2017121720251297c.jpg
20171217202510192.jpg

=================================
【アーティファイバー】
メインデッキ:43枚
EXデッキ :15枚
サイドデッキ:15枚
=================================

【モンスター】30
エフェクト・ヴェーラー ×2
グローアップ・バルブ ×1
ジェット・シンクロン ×1
スポーア ×1
D.D.クロウ ×1
増殖するG ×3
幽鬼うさぎ ×2
灰流うらら ×3
ローンファイア・ブロッサム ×1
幻影王 ハイド・ライド ×1
マスマティシャン ×2
終末の騎士 ×3
アーティファクト-デスサイズ ×3
アーティファクト-モラルタ ×1
BF-朧影のゴウフウ ×1
亡龍の戦慄-デストルドー ×2
カオス・ソルジャー -開闢の使者- ×2
【魔法】6
アーティファクト・ムーブメント ×3
増援 ×1
死者蘇生 ×1
おろかな埋葬 ×1
【罠】7
アーティファクトの神智 ×3
神の通告 ×2
リビングデッドの呼び声 ×2
【エクストラ】15
フォーミュラ・シンクロン ×1
水晶機巧-クオンダム ×1
TG ワンダー・マジシャン ×2
ブラック・ローズ・ドラゴン ×1
PSYフレームロード・Ζ ×1
PSYフレームロード・Ω ×1
水晶機巧-グリオンガンド ×1
白闘気双頭神龍 ×1
リンクリボー ×1
水晶機巧-ハリファイバー ×3
スリーバーストショット・ドラゴン ×1
ヴァレルロード・ドラゴン ×1

【サイドデッキ】 15
D.D.クロウ ×2
エフェクト・ヴェーラー ×1
幽鬼うさぎ ×1
ファイヤーソーサラー ×1
海亀壊獣ガメシエル ×2
ハーピィの羽根帚 ×1
神の宣告 ×1
タイフーン ×3
砂塵のバリア -ダスト・フォース- ×2
ライフ・ストリーム・ドラゴン ×1


環境が変わり、デッキの内容も結構変わりました。
レフティドライバーとライティドライバーとが強いため、初動の配分とかは今後変わると思います。

⭐️特筆すべき採用カード
基本的なことについては前書いた記事をご覧下さい

・初動
終末4マスマ2ロンファバルブジェットゴウフウで10枚です。前と同じですね。
ロンファは直前までバルブ2枚目だったのですが、こちらの方が融通効きやすいのとか相手に誘発の投げどころをミスらせれる効果があるのでこちらがいいと思いました。でもヒーローにバルブ除外された時は後悔しました。
他の初動候補としてはドラコネットがあり、これはシトリィを使いやすくなるので有用ですが、ギャラクシーサーペントがゴミなのであまりやりたくなくてやめました。
前述の通りライティレフティ来たので色々弄らないといけません。

・アーティファクト
今回はデスサイズ3モラルタ1。
モラルタがあまり効かない彼岸が増えたので、この配分にしました。
恐竜などに対してはモラルタ多い方がいいので良し悪しですが、まあデスサイズ刺さるデッキの方が多いので概ねいい感じです。

・誘発
なぜか緩和されたGは勿論3で、魔術師や彼岸に対してそんなに良くないもののGを止めれるのが偉すぎますしそれらに対しても打ち所が無いというわけでは決してないので相変わらずまるいうららも3。
うさぎヴェーラークロウはまるさを考えて2:2:1にしました。本当にまるさを求めるならこれらは罠にした方がまるくはあるのですが、セフィラの展開返せませんし植物ワンキルもいるので…

・ハイドライド
前期から続投ですが、前期と比べて相対的に弱くなっているので採用してない人が多いのにも納得です。
前期の、というかスパイラルに対してのハイドライドは、アーティファクトいない時にも立てておくと相手はジーニアス召喚から入る以外で綺麗に処理しきることができなかったのでなかなか強かったのですが、今期はそれしても下級に殴られてメイン2展開されるだけなので……
しかし、アーティファクト展開の時にΩを出せるのは拮抗の緩和や相手の妨害、ダメージレースの観点からとても大きく、そのために採用するくらいの価値はあると思って続投しました。
あとは、あんまりしませんが自分ターンにハリから持ってきてデストルとかと合わせてシンクロに使えるのは他にはない魅力ですね。
素引きしても対して困らないのでローリスクローリターンです。

・スポーア
誘発踏みこえるカードを増やしたくて色々考えた結果1番まるかったおろかな埋葬の欠点であるデッキリソース食い潰すという点を緩和したくて入れました。
おろまい関係なくデッキのリソースが増えるのは大きく、最序盤以外は素引きしても1枚で動けるので、入れてよかったです。
レベルが2になるので自分ターンにデストルと合わせてグリオンガンドを出しやすくなるというのもいいところです。

・スリーバーストショットドラゴン
どうしても対処したい置物が環境から減ったというのもあり、彼岸を見るためにニンギルスと入れ替える形で採用しました。
このデッキは攻勢に回っていても、グラバーガトルなどで永遠に耐えられて負けたりすることが割とあり、それを咎めることができるこのカードは非常に強力です。現環境なら必須だと思います。
矢印がニンギルスより強いというのもいいですね。

・ガメシエル2
ほぼ彼岸ピンポ。
このデッキの壊獣は弱くて使いたくないのですが、ベアトを迅速に処理できるのはとても大きく、彼岸相手なら一応妨害にもなるので悪くなかったです。
接触するGと比較するとあちらと違って裏目がほぼ無く、被ったり後引きしても強いので壊獣に軍配が上がると思います。
私は壊獣を採用する時はいつも被った時のことを考えて種類を散らすのですが、今回はスリーバーストショットが戦闘破壊されないということを重視してガメシエル2にしました。

・ダストフォース2
虚無魔人、究極伝導、ミドラーシュ、ダークロウなどなど苦手なカードを見る枠兼彼岸に対して入れれる枠として最初は次元幽閉を採用していたのですが、仮想敵にリンクモンスターがいないためダスフォが1番まるいのではと思い採用しました。
究極伝導ミドラーシュとかいう最悪の展開を1枚で返せるのが1番の利点ですね。
ただ本番ではリンクに無力という裏目を踏んでしまい、ヴァレルロード止めれず死んで幽閉にしとけばなぁとなりました。どっちを取るかですね

・ライフストリーム
彼岸のスキドレに対して強く出れるので強力なのですが、今の環境はスキドレあんまり強くないのでなんとも…
しかしまあ一応、という感じです。環境が混沌としているのでサイドスキドレは普通にあり得ますしね。
そして実際スキドレされて、かなり活躍しました。あと一歩というところでヴァレル出されて回答引かずに負けてしまいましたが…


⭐️今期よく見そうなデッキに対して
今期、こんなにデッキが多彩だと思ってなかったのであまり多くのデッキとの調整は出来ていません。なので書くことあるやつを書きます。

・セフィラ
ハリファイバーとデスサイズが刺さるため、まあまあ勝てます。
普通に動かれたら返すのはまあ無理ですがそれはどのデッキも同じだと思うので、誘発で全力で止めに行きます。
γはケアして勝てるデッキでもないので無視しましょう。して勝てるようならそれに越したことはないですが…

・魔術師
ハリファイバーとデスサイズが刺さるため(ry
ただしセフィラよりリソースが豊富なためやりづらいです。初動を挫けるならスケール消し飛ばし続けて勝つことも出来ますが、ある程度まともに動かれるようだとそれが難しくなってくるためさっさと殺しましょう。
殺しに行く際はアストログラフ、クロノグラフ、死毒の魔術師に注意しましょう。

・彼岸
デスサイズは刺さりますがハリファイバーがあんまり効かないのと、こちらに破壊ではない除去手段が少ないため相性良くないです。しかし勝てない相手ではないと思います。
理想としてはメインモンスターゾーンにグリオンガンドやバイファムートなどの高打点を置いて制圧したいところです。グリオンガンドはうまく出せば勝ち級なので積極的に狙いましょう。
ヴァレルロードは最強ですが、相手のヴァレルロードが最悪の裏目なので可能な限りケアしてる状況下で出したいものです。
逆に相手のヴァレルロードは、こちらのバイファムートなどの高打点に対するベストな回答なため、そこに対してこちらのヴァレルロードを出していければ理想ですね。
無闇にデストルドーを出すとファーファに飛ばされたらデッキに戻って悲しくなるので注意しましょう。

・恐竜
型によって辛さが変わるのですが、1番きついのはシャドール型です。もう影依打たれる前に殺すしかないです。AFがシャドール無理なのは歴史が証明しています。
恐竜ギミック自体は究極伝導の圧倒的パワーがかなり辛いのですが、モラルタの存在から究極伝導の対処自体はある程度やりやすいデッキではあると言えます。リンクの都合上、究極伝導の効果の使いどころをある程度自分のやりたいように持っていきやすいですしね。なんとかモラルタの発動まで持っていきましょう。
シャドール見えてる見えてないに関わらず、サイド後は誘発入れまくって後手を取るのが無難だと思います。相手の後手札をすかしつつ、妨害のために無駄な手札消費を強いれたら理想ですね。

・結界像
諦めましょう。



今回はこんな感じで終わります。
なんか質問とかあればお願いします。
アーティファイバー、ほんとに逆風も逆風でキツイんですが考えるのめちゃくちゃ楽しいんですよね。いいものが思いつかないなら来年も使っていきたいです。
ではまた
プロフィール

コト

Author:コト
@ddd_koto

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター・カウンター
ブロとも一覧

風嫁フリーダムX~ガガガクラーク研究ブログ

宮廷アリス

いつでも納涼

グォレンダァ!

遊戯王 大会優勝 デッキレシピ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR